歯の矯正治療の現状

様変わりした治療

白い歯

歯科矯正は、以前に比べると随分と様変わりしています。歯科矯正というと、目立つ矯正器具を装着するというイメージがあったと思います。現在でも、矯正器具を装着することに変わりないのですが、しかし現在では、目立つ矯正器具ばかりではないのです。従来の矯正器具は、金属の部品を多用していたために目立っていました。しかし、現在は金属の部品を用いず、しかも、部品の色が歯に似た色や透明な矯正器具があるのです。更に凄いことに、見えない矯正器具もあります。これは厳密には、矯正器具が違うのではなく、治療法が違います。従来、矯正器具は歯の表に装着するものでしたが、現在では歯の裏に装着する治療法もあります。歯の裏側に装着しますから、形状に関係なく、矯正器具は見えないのです。歯科矯正の大きな問題点は、目立つ矯正器具を装着しなければならないことによる精神的な苦痛でした。しかし現在では、前述のとおり、目立たない、見えない矯正器具がありますので、その問題点は解決されています。

相変わらずの保険適用

しかし、以前と変わらない点もあります。それは、料金です。歯科矯正は、相変わらず一部の治療しか保険適用が認められていませんので、ほとんどの治療が保険適用外です。ですから、料金は患者がすべて負担するのが一般的なのです。歯科矯正は大掛かりな治療ですので、料金は高額であり、大人の場合、80万円〜100万円くらいしてしまいます。この問題に対応する最も有効な手段は、医療費控除を受けることです。医療費控除とは、多額の医療費を支払っている場合、納税額が減額されるという制度です。ですから、医療費控除を受ければ、料金は支払わなければなりませんが、その一部が実質戻ってくるというわけです。医療費控除は年間に10万円以上医療費の支払いをしていれば受ける権利があり、申請は確定申告の際に行います。